院長・スタッフ紹介|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は半蔵門サニー歯科まで

 
9:30~13:30
(最終受付13:00)
14:30~19:00
(最終受付18:30)

休診日:土曜・祝日
9:30~12:30(最終受付12:00)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

院長紹介

半蔵門・半蔵門サニー歯科・院長 藤本 裕輔

麹町、半蔵門という場所は、私自身が幼少時代に過ごし、育んでくれた第二の故郷であります。地元の方々に温かく見守られ、育ててもらったことに対しての感謝の気持ちと恩返しをという信念のもと、この地に開業をいたしました。

私は、地元イギリス大使館の太鼓クラブに所属し、ボランティア活動の一環として、演奏を通して地元の方々との交流を深めております。

今後さらに、地域医療に貢献し、親子何代でも安心して通って頂けるような、地域密着型の医院の実現を目指すため、当院では、3つの柱を理念として、診療を進めてまいります。

院長藤本 裕輔ふじもと ゆうすけ

経歴

2004年 日本歯科大学卒業
  首都圏歯科医院勤務
2018年 分院長を経て半蔵門サニー歯科開設

総院長挨拶

半蔵門・半蔵門サニー歯科・総院長 藤本 菊夫

半蔵門サニー歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

一生自分の歯で食事や会話を楽しんでいきたい――そんな思いを胸に通院されている方も多いことと思います。 しかし残念なことに、患者様の中には歯を失い噛めなくなった方も数多くいらっしゃいます。

このような方には、いつまでもしっかりと噛めるような治療をご提案するとともに、治療後のメンテナンスも丁寧に行っておりますので、他院で断られたという方もどうぞ安心しておまかせください。

当院では診療台を2台のみにすることで、患者様が落ち着いて治療に専念できるような環境づくりをしております。

患者様にじっくりと丁寧な治療をお受けいただくために、事前予約をお願いしております。ご予約はお電話にて承っております。

総院長藤本 菊夫ふじもと  きくお

経歴

1964年 日本歯科大学 卒業
3代続く歯科医院にて診療に従事
2018年 半蔵門サニー歯科開設

3つの柱

1.できるだけ歯を抜かずに済むようにすること(歯を残す治療)

根管治療(CT使用)
「すぐ抜く」ではなく、まずは歯根の治療を試みます。 →将来1本でも多くの歯を残し、自分の歯で噛めるかどうかによって、食生活を中心とした生活の充実度合が大きく変わるため、丁寧に時間を掛けてじっくりと取り組んでまいります。
歯周病の治療(メンテナンス)
「早期発見早期治療」「予防」この言葉は病気の一般常識ではありますが、歯科に関しては常識とは言い難くなっています。 歯周病はほとんどの場合、痛みなく進行していきます。 しかし歯茎から血が出る、むず痒い、臭いなどの症状が必ずでているはずなのに、大半の方は何故かその症状を見なかったことにします。 もし同じ症状が口の外で起こった場合、すぐに病院にかかることでしょう。 今歯周病は成人の約70%が罹患しているというデータがありますが、経験からしたら、歯科にかかる方の99%は歯周病に罹患しています。なぜなら、ひどい症状が出てからしか来院されないからです。そうならないためにも、なにも症状がない状態での来院「定期健診」が必要になってきます。

2.インプラント治療(CT使用)

当院が得意とする治療(法)のひとつです。

見た目も自然に仕上がるインプラント
何らかの理由で失ってしまった歯を補う方法として、周囲の健康な歯への負担が少なく、見た目も自然に仕上がる治療法であるというメリットがありますが、もちろん次のようなデメリットもあります。
歯周病になる

常に人工歯根を埋入し、その上に歯が入れば余計な凸凹ができ、歯周病になります。それを予防するためにメンテナンスも重要になります。

適切な位置に埋入する技量

インプラントは、簡単な説明をさせていただくと、穴を掘ってネジで埋めるだけの治療です。
結果はどうであれ、処置を行うだけであれば、卒業後すぐのドクターでもできてしまいます。ですが、かみ合わせ、埋入する位置、サイズなどを適切な診査診断と共に、最小限の侵襲で短時間で、プランニングした位置に手術を行えるかどうかは、教科書や話だけでなく経験が必要です。
そのために、臨床研修時からインプラントで有名な先生方の病院で修業をつみ、現在は1500本以上を埋入してきました。

3.患者様一人ひとりに寄り添った丁寧な治療

症状のみならず、お悩み、不安な気持ちを分かってあげられる医院であることを目指します。

その治療法に伴うメリットのみならず、デメリットもしっかり説明し、患者様ご自身に納得いただいた上での治療を実施(例:自由診療(インプラント等))することで、患者様のQuality of Lifeの向上や満足度に繋がると考えております。時間を掛けてでも患者様ご自身に納得のいく選択をしていただくお手伝いをしていきたいと思います。

そのためには、歯科医師と患者様との信頼関係を築くことに重点を置く診療が必要です。

じっくりとお話をすること、「歯医者=痛い、怖いところ」の印象を拭い去るためには、できるだけ痛みを抑えるための工夫、麻酔をできるだけ痛くないようにする工夫など、患者様の小さな不満を無くしていくことで、信頼を積み上げていきたいと考えております。