小児歯科|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は【半蔵門サニー歯科】まで

 
9:30~19:00
(昼休憩なし)

休診日:土曜
9:00~17:00
9:00~15:00(年末年始除く)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

生まれたての赤ちゃんのお口には、むし歯菌は存在しません。これはむし歯が「感染症」であるためです。むし歯菌への感染は、離乳食が始まる頃、食べ物の口移しや大人との食器の共有、お口のケアが行き届かないために起こります。
お子様がむし歯にかかるリスクを下げるためには、むし歯菌をお口の中に発生させる時期をできるだけ遅らせることと、歯科医院に通う習慣を早めにつくることが大切です。
赤ちゃんの歯科医院デビューは生後約6か月、前歯が生え始めたくらいがおすすめです。あまり大きくなってからだと人見知りをして泣いてしまうことも多く、連れてくる親御様もひと苦労です。歯科医院の雰囲気に慣れやすい頃にデビューさせておきましょう。

乳歯のむし歯の特徴

乳歯のむし歯の特徴

乳歯は永久歯よりも歯が柔らかく、歯の表面には数多くの小さな穴が開いています。そのためむし歯になりやすく、あっという間に進行してしまいます。
「どうせ生え替わるから」と乳歯のむし歯を放置してしまうと、その後に生える永久歯が正しく生えてこない・むし歯になりやすい、顎の変形・発達が遅れる、精神的に不安定になるなどの悪影響を及ぼすことがあります。
ただし、適切なケアを行えば、むし歯を防ぐことは可能です。大切なお子様の健やかな成長のため、お子様とご家族みんなでむし歯予防にしっかり取り組んでいきましょう。

歯科医院での予防ケア

  • シーラント

    むし歯になりやすい奥歯などの溝を歯科用プラスチックで埋めて、汚れなどの付着を防ぎ、むし歯にならないようにする予防法です。とくに磨きにくい奥歯は、むし歯になる前にシーラントでコーティングするのが効果的です。仕上げ磨きも簡単になります。

  • フッ素塗布

    フッ素には、再石灰化を促す働きがあるため、むし歯予防に効果的です。家庭用の歯磨きペーストにもフッ素が含まれていますが、歯科医院ではそれより高濃度のフッ素を年齢に合わせて塗布するため、高い効果が得られます。定期的に塗布してむし歯を予防しましょう。

  • ブラッシング指導

    お口の状態や歯並びに合わせて、ブラッシングのアドバイスや歯間ブラシやフロスなどの補助グッズのご提案をいたします。また、院内ではさまざまな種類の歯ブラシやお口の清掃用品をご案内しています。気になるものがあれば、スタッフまでご相談ください。

ご家庭での予防ケア

  • 食事時間・回数を決めましょう

    食べ物がお口の中にある状態が長く続くと、お口の中が酸性に傾いて歯の表面が溶け出す「脱灰(だっかい)」を起こし、修復する「再石灰化」するタイミングを失って、やがてむし歯へと進行していきます。そのため、ダラダラ食べ続けることを避けるために、食事の回数と時間をきちんと決めることが大切です。

  • 甘いものの量と質に注意しましょう

    むし歯菌は食べ物に含まれる「糖分」を栄養として活動します。とくにチョコレートなどのお菓子や甘いジュースといった、砂糖を多く使ったものを口にする機会が多いほど、むし歯になるリスクも高まります。このような砂糖を多く含んだ甘い物を減らし、フルーツなどの自然の甘みや、キシリトール配合のお菓子を選ぶようにしましょう。

  • 仕上げ磨きをしましょう

    小さい頃から、朝夕や食後に自分で歯磨きをする習慣を付けることは大切です。ですが、あまり小さいうちは、まだ自分ではしっかりと歯磨きすることはできません。そのため、お子様が歯磨きした後は、大人が仕上げ磨きをしてあげましょう。できれば、歯の生えかわりの時期である10歳頃までは続けてあげることをおすすめします。