コラム|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は【半蔵門サニー歯科】まで

 
9:30~19:00
(昼休憩なし)

休診日:土曜
9:00~17:00
9:00~15:00(年末年始除く)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

子供の虫歯の治療方法について

皆さんこんにちは。

半蔵門サニー歯科です。

 

子供の虫歯の治療ではいくつか配慮しなければならない点があります。

 

そのため、一般歯科よりも小児歯科に治療をお願いした方が良いことが多いです。

 

今回はそんな子供の虫歯治療の特徴や注意点についてかんたんにご説明します。

 

永久歯に生え変わることが前提

子供の歯は必ず大人の歯へと生え変わります。

 

人によっては永久歯が先天的に欠損していて、乳歯が残り続けることもありますが、それはあくまで例外です。

 

一般的には5~6歳くらいから永久歯への交換が始まるため、それを見越した虫歯治療を実施します。

 

永久歯のために乳歯を抜くことも珍しくない

乳歯の虫歯治療では、これから生えてくる永久歯のために抜歯を選択することも珍しくありません。

 

永久歯であれば時間かけて根管治療を行い、薬剤を詰めて被せ物を製作するようなケースでも、乳歯の場合は永久歯の正常な発育を優先するからです。

 

とくに重症化した乳歯の虫歯ではその傾向が強くなります。

 

早期発見・早期治療が何より重要

乳歯の虫歯は永久歯の発育にまで悪影響を及ぼすことがあるため、早期発見・早期治療が何よりも重要となります。

 

お子様の歯に虫歯らしき兆候が見られたら、すぐに半蔵門サニー歯科までご連絡ください。

 

小さい頃から定期検診で歯医者さん通いをしていれば、乳歯の虫歯を予防することも難しくなくなりますよ。

 

まとめ

このように、子供の虫歯の治療方法は大人と異なる点がありますので、半蔵門サニー歯科のような小児歯科がある歯医者さんに治療を任せるようにしましょう。

 

当院なら歯医者さん嫌いにさせないやさしい小児歯科診療に取り組んでおりますので、歯医者さんが苦手なお子様でも安心して通えますよ。

 

他院で治療が受けられなかった、初めての歯医者さんをどこにしようか迷っているという方は、お気軽に当院までご連絡ください。

 

お子様お一人おひとりのペースに合わせた診療を実施いたします。