コラム|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は【半蔵門サニー歯科】まで

 
9:30~19:00
(昼休憩なし)

休診日:土曜
9:00~17:00
9:00~15:00(年末年始除く)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

重症化した歯周病も歯を抜かずに治せる?

皆さんこんにちは。

半蔵門サニー歯科です。

 

日本人が歯を失う原因第一位は歯周病となっていますが、その理由を皆さんはご存知でしょうか?

 

一見すると、虫歯の方が歯の喪失に直接結びつきそうなものですが、現実的には歯周病で歯を失う人の方が多くなっています。

 

今回はそんな歯周病で歯を失う理由や歯を抜かずに治す方法などをかんたんにご紹介します。

 

歯を支えているのは歯茎と歯槽骨

私たちの歯を支えているのは、歯茎・歯根膜・歯槽骨といった「歯周組織」です。

 

これらがなければ、どれだけ健康でも歯は抜け落ちます。

 

そして、歯周病はこれらを徐々に破壊していく病気であるため、歯を失う主な原因となっているのです。

 

他院で抜歯と診断された方へ

歯周病を重症化させてしまい、他院で「抜歯する他ない」と診断された方は、一度当院までご相談ください。

 

歯周外科治療を実施することで、歯を抜かずに済むかもしれません。

 

当院はインプラント治療にも対応しており、歯茎や顎の骨に対する処置が得意です。

 

精密に検査し、適切な治療法を選択することで、かけがえのない歯を保存できるかもしれませんので、まずはご連絡ください。

 

歯を抜かざるを得ないこともある?

上述した通り、歯は歯周組織が健康でなければ抜け落ちてしまいます。

 

ですから、歯周病の症状や重症度によっては、抜歯以外選択肢がなくなることもある点にご注意ください。

 

そうしたケースでは、インプラントやブリッジ、入れ歯といった欠損部を補う治療へと移行することになります。

 

まとめ

このように、歯周病は重症化させると歯を失ってしまう怖い病気です。

 

歯茎の腫れが目立つ程度なら、まだまだ歯を失うリスクも低いので、早めに治療を受けるようにしてください。

 

半蔵門サニー歯科なら、軽度から中等度、重度に至るまで、いろいろなケースの歯周病を治療することが可能です。