コラム|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は【半蔵門サニー歯科】まで

 
9:30~19:00
(昼休憩なし)

休診日:土曜
9:00~17:00
9:00~15:00(年末年始除く)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

セラミック治療はメリット・デメリットの両方を知ることが大切!

皆さんこんにちは。

半蔵門サニー歯科です。

 

口元の審美性を追求できるセラミック治療には、保険のレジンや銀歯にはないメリットがたくさんありますが、必ずデメリットも伴います。

 

今回はそんなセラミック治療の特徴をかんたんにご説明します。

 

セラミック治療のメリット

セラミック治療の最大のメリットは「見た目の美しさ」です。

 

色の選択肢も豊富なので、患者様それぞれの歯に調和させることも可能です。

 

その他、歯質との適合性が高く、虫歯の再発リスクが低い、金属アレルギーのリスクがない、材料としての安定性が高く、経年的な摩耗や変色がほとんど起こらないなどのメリットが挙げられます。

 

セラミック治療のデメリット

セラミック治療は基本的に保険が適用されないので、その点を大きなデメリットと感じる人は多いです。

 

歯の治療に対して経済性を最も重視するのであれば、銀歯やレジンの方が良いといえます。

 

また、セラミックは銀歯よりも歯を削る量が少し大きくなる点もデメリットとして挙げられます。

 

患者様の希望を尊重した治療

当院は、保険と自費の両方に対応しており、どちらかを一方的にすすめるようなことはいたしません。

 

カウンセリングの段階で患者様のご希望を聞いた上で、最善といえる治療法をご提案します。

 

保険診療の銀歯やレジン歯でも、失った歯質の機能を十分回復させることは可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

 

銀歯やレジン歯のメリット・デメリットについても詳しくご説明します。

 

まとめ

このように、セラミック治療も決して万能ではなく、必ずデメリットも伴います。

 

単に美しいからという理由だけで選択すると、治療後に後悔してしまうこともありますので、まずはそれぞれの材料の特徴をしっかり理解することが大切です。

 

ちなみに当院の審美治療では、セラミックだけでなく、ゴールドを使ったインレー・クラウンにも対応しております。