コラム|半蔵門で歯科・歯医者をお探しの方は【半蔵門サニー歯科】まで

 
9:30~19:00
(昼休憩なし)

休診日:土曜
9:00~17:00
9:00~15:00(年末年始除く)

tel.03-6272- 3911サンキューいい歯
半蔵門・半蔵門サニー歯科

〒102-0082
東京都千代田区一番町19-1
麹町サニーマンション109

予約制各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

インプラントとブリッジや入れ歯の違いってなに?

皆さんこんにちは。

半蔵門サニー歯科です。

 

当院には、インプラント治療を希望して来院される方がいらっしゃいますが、よく質問を受けるのが「ブリッジや入れ歯」との違いです。

 

いずれも失った歯を補うための治療法であり、それぞれに異なるメリット・デメリットがあります。

 

今回はそんなインプラントとブリッジや入れ歯との違いについてかんたんにご説明します。

 

インプラントとブリッジは固定式の装置

インプラントとブリッジは、固定式の装置であるため、安定性が高いです。

 

一方、入れ歯は着脱式の装置なので、安定性が比較的低いです。

 

入れ歯で噛むと、ずれたり外れたりするのはそのためです。

 

ブリッジと入れ歯には保険が適用される

失った歯をブリッジや入れ歯で治療する場合は、保険診療と自由診療の2つの選択肢があります。

 

一方、インプラントは原則として自由診療となるため、経済面においてはブリッジや入れ歯の方が優れているといえます。

 

人工歯根があるのはインプラントだけ

この3つの装置における最も重要な違いは「人工歯根の有無」です。

 

インプラントにだけ唯一、人工歯根が存在することから、以下に挙げるようなメリットが得られます。

 

・見た目が天然にそっくり
・歯根があるので硬いものでもしっかり噛める
・顎の骨が痩せにくい
・残った歯を削らなくて良い
・装置の安定性がブリッジよりも高い
・装置の寿命が長い

 

人工歯根があるだけで、これだけたくさんのメリットが得られるのです。

 

ただし、インプラントには人工歯根を埋め込むための外科手術が必須となります。

 

まとめ

今回は、インプラントとブリッジ・入れ歯の違いについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

 

インプラントに関する知識が深まったのであれば何よりです。そんなインプラント治療についてさらに詳しく知りたい方は、半蔵門駅から徒歩1分の半蔵門サニー歯科までご相談ください。

 

インプラントの治療費や治療期間についても詳しくご説明します。